「第10回神戸マラソン」(11月15日、神戸新聞社など共催)の実行委員会は3日までに、新型コロナウイルスの感染状況などを踏まえ、今年の開催を断念する方針を固めた。コロナ禍の終息が見通せず第2波も懸念される中、約2万人が集まるイベントは感染拡大の危険が高いと判断した。

 神戸マラソンは毎年11月、「感謝と友情」をテーマに開かれ、阪神・淡路大震災から復興した神戸の街を2万人が駆ける。東日本大震災があった2011年に始まり、東北や熊本などの被災者も多く参加してきた。今年は第10回の記念大会と位置付け、2万人が参加するフルマラソンだけでなく、親子などが対象の「メモリアルファンラン」...    
<記事全文を読む>