プロバスケットボールの琉球ゴールデンキングスを運営する沖縄バスケットボール(木村達郎社長)は29日、首里城再建の支援金として816万7081円を県に寄付した。同日、木村社長や並里成選手らが県庁に玉城デニー知事を訪ね、目録を手渡した。

 首里城再建支援のため作成したステッカー販売の収益や試合会場で集めた募金のほか、Bリーグ加盟の全国21クラブも自主的に会場での募金を呼び掛けてくれたという。

 多くの協力に、木村社長は「再建を願う気持ちがこうして形となり、全国各地のバスケファンに心から感謝したい」と述べた。並里選手は「沖縄の未来が明るくなるよう県民、ファンとともに頑...    
<記事全文を読む>