バスケットボール男子Bリーグの信州ブレイブウォリアーズは25日、韓国出身のフォワードの梁宰〓(ヤン・ジェミン=21)と1部に初参戦する2020〜21年シーズンの選手契約を結んだと発表した。Bリーグ初の韓国籍選手で、新たに導入されるアジア枠の対象。
 梁は201センチ、93キロ。高校途中までは韓国国内でプレーし、米国の短大に進学した。長身ながら技術が高く、シュートも高い確率で決められる。各年代の韓国代表として、世界大会の経験も豊富だ。梁はクラブを通じ、「一生懸命練習して成長し、チームの勝利のために頑張ります」とコメントした。
 外国籍選手のベンチ入りは3人、試合出場は...    
<記事全文を読む>