バスケットボール男子のB1川崎がジュニア世代を対象に、クラブ史上初めてオンラインでバスケ教室を開催した。「アフターコロナ」時代の新たな指導法として注目されそうだ。

 キャプテンの篠山が画面越しに呼び掛ける。「みんなで一緒にトレーニングしていきましょう」。20日、テレビ会議アプリを利用して「自分の体重を支えられるようになろう」をテーマに指導。参加者も手ぶりを交えながら交流を深めた。

 今回は幼稚園年中から中学3年生までの20人を年齢ごとに3班に分けた。ガードの青木ら現役選手がそれぞれの教室に登場し、初心者から経験者までを楽しませた。篠山は「川崎まで来られない子とつ...    
<記事全文を読む>