バスケットボールの社会人チーム「ランポーレ三重」の新監督に、障害者スポーツの指導で実績のある上田頼飛(よりたか)さん(38)が就任した。16日に新主将のマラ・バンガリー選手(22)らと名張市役所を訪れ、地域密着のチーム運営を誓った。

 (帯田祥尚)
 上田さんは、和歌山県紀の川市の寺で副住職を務める傍ら、聴覚障害者のバスケットボールをはじめスポーツ振興に幅広く携わってきた。名張市出身の作家江戸川乱歩にちなんだチーム名のランポーレは昨年、国内最高峰のBリーグの下部に当たる東海・北信越リーグに新規参入し、八チーム中六位だった。新型コロナウイルス感染症の影響で開幕が九月に延期になった...    
<記事全文を読む>