バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)の秋田ノーザンハピネッツの選手らが10日、秋田県庁を訪問し、2019~20年シーズンの終了を佐竹敬久知事に報告した。

 秋田は今季、新型コロナウイルスの影響でレギュラーシーズン60試合のうち19試合が未消化のまま3月にシーズン中止となった。それでも、B1として戦った3シーズンのうち最多となる19勝(22敗)を挙げた。

...    
<記事全文を読む>