バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)のA東京は9日、元日本代表シューティングガードで35歳の正中岳城(しょうなか・たけき)、加古川市出身=が現役を引退すると発表した。前身のトヨタ自動車に入団した2007年以来チーム一筋で、今季まで10季、主将を務めた。

 明石高では全国高校選抜優勝大会(現全国高校選手権)兵庫県予選準決勝の関学戦で1人で72得点し、青学大入りした。

 ユニバーシアードやアジア選手権でも活躍。A東京の精神的支柱として、18~19年シーズンにB1の2連覇、19年にアジアチャンピオンズ・カップの優勝に貢献した。

 正中は「差し出せるもの...    
<記事全文を読む>