バスケットボール男子・Bリーグ1部(B1)の滋賀は8日、ポイントガード兼シューティングガードの村上駿斗(24)=山形南高出=と2020~21年の契約について合意したと発表した。

 白鷹町出身。同校卒業後、漫画「スラムダンク」の作者らが創設した奨学金を受けて米国に留学し、15年から2シーズンにわたりB2・山形でプレーした。昨季はB2・福岡で全47試合に出場し、1試合平均得点は7.0点だった。契約期間は2年間。

 チームを通じ「コロナウイルスの影響により、スポーツ界も厳しい状況にある中、プレーできることに感謝し、B1の舞台で挑戦できることにも喜びを感じています」など...    
<記事全文を読む>