新型コロナウイルス感染拡大に伴うリーグ戦の打ち切りで経営に打撃を受けたバスケットボール男子B3のトライフープ岡山を応援しようと、地域活性化に取り組む岡山市の団体「イノベーションスタイル岡山(ISO)」がクラウドファンディング(CF)に乗り出した。300万円を目標にクラブの運営資金を調達し、支援者には選手サイン入りグッズなどを返礼品に贈る。

 昨季B3は全日程の3分の1を残し、2月末で終了。トライフープのホーム戦は8試合が中止となり、収入の柱である入場料が失われた。現時点では来季の開幕時期も不透明な状況にある。

 ISOは多様な業種の若手経営者...    
<記事全文を読む>