バスケットボール男子Bリーグで1部(B1)昇格を決めた広島が、例年より1カ月早く、2日から合同自主トレをスタートさせた。新型コロナウイルスの影響で、個人では屋内施設が確保しにくいことを受け、クラブが体育館を押さえた。選手を2班に分けるなど感染防止に気を配りつつ、B1挑戦への体づくりを進める。

...    
<記事全文を読む>