バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)西宮は1日、兵庫県西宮市立中央体育館でチーム練習を66日ぶりに再開した。新型コロナウイルス感染拡大を受け、3月28日から自粛していた。谷直樹主将ら来季も残留する6選手が集まり、久々のシュート練習に笑みを見せた。

 メンバーは検温や手洗いを済ませてコートへ。来季続投のマティアス・フィッシャー・ヘッドコーチ(HC)が「ついに練習できる。みんな元気そうでよかった。徐々にコンディションを上げていこう」と呼び掛けた。

 練習は約1時間半、行われた。選手同士の間隔を空けて体幹トレーニングに汗を流した後は、ボールを手にドリブルやシュート...    
<記事全文を読む>