新潟県聖籠町は、地元を拠点に活動するJ2アルビレックス新潟、なでしこリーグ1部アルビレックス新潟レディースの選手たちや、地元のサッカー専門学校「JAPANサッカーカレッジ(JSC)」の生徒たちを応援しようと、クラウドファンディング(CF)のサイトを設立し寄付を呼びかけている。目標額は各団体100万円で、選手や生徒の食費に充てる予定だ。

 新潟アルビレックスが所属するJ2リーグは27日、約4カ月ぶりに再開したが、3密を避けた練習や無観客試合などウイルスの影響が続いている。同レディースとJSCが所属するリーグは来月に開幕予定だ。

 3団体は同町に拠点を置き練習してい...    
<記事全文を読む>