27日にJ2が再開し、長崎と北九州の「九州ダービー」が行われた。当面は感染拡大を防ぐため無観客で試合は行われるが、再開を待ち望んだサポーターたちは思い思いの場所から熱い声援を送った。

 試合開始の午後7時。長崎市の立ち飲み居酒屋には、長崎のユニホームを着たサポーター十数人が集合。試合を中継するテレビ画面に向かい、タオルマフラーを振って応援した。長崎が先制点を入れると、店内には「よっしゃー!」と歓声が上がった。

 同市の会社員島内太郎さん(55)は「久しぶりにサポーター仲間と会えた。みんなと一緒に応援するのは、やっぱり楽しい」と興奮気味。本田泰之さん(55)も「早...    
<記事全文を読む>