新型コロナウイルス感染拡大の影響で中断していたサッカーJリーグの公式戦が27日、約4カ月ぶりに再開。九州ではJ2のV・ファーレン長崎-ギラヴァンツ北九州が長崎県諫早市のトランスコスモススタジアム長崎(トラスタ)で、約3カ月半遅れで開幕したJ3のロアッソ熊本-鹿児島ユナイテッドFCが熊本市のえがお健康スタジアム(えがおスタ)で行われ、長崎が2-1、熊本が3-2でそれぞれ勝った。

 試合は感染防止のため、リモートマッチ(無観客試合)で行われた。報道陣の入場は新聞は1社につき記者1人、カメラマン1人に制限。試合前には、選手、審判が医療従事者への感謝を示す拍手を行った。トラスタでは...    
<記事全文を読む>