27日に行われたサッカーJ2の再開初戦。モンテディオ山形は、異例となる無観客のホーム戦から再スタートを切った。新型コロナウイルスと向き合うため、スタジアム内には「新しい生活様式」の風景も。公式戦を待ち望んだサポーターは、喜びを感じてスタジアム以外の場所から声援を送った。

 本来なら青の旗が風になびき、数千人のファンが集う天童市のNDソフトスタジアム山形が、静かにリーグ戦再開の時を迎えた。

 会場ではJリーグのガイドラインに基づき、新しい生活様式が取り入れられた。関係者と選手が滞在するエリアを明確に分離。選手を含めた全員がマスクを着用し、仲間同...    
<記事全文を読む>