札幌は22日、7月4日のJ1再開に向け、千葉市の高円宮記念JFA夢フィールドを拠点にしたキャンプをスタートさせた。再開後にアウェー戦が4試合続く変則日程で、長距離移動に伴う新型コロナウイルスの感染リスクを減らすため、約1カ月、千葉で練習する。

 初日は暴風雨の中、非公開の全体練習を行い、パス回しや11人対11人の20分ハーフのミニゲームで調整した。23日は3カ月ぶりにJクラブと非公開の練習試合を行う。

...    
<記事全文を読む>