J3藤枝は20日、中銀スタジアム(山梨)でJ2甲府と練習試合を行い、2―2で引き分けた。昨季チーム最多16得点を挙げたFW森島がゴールを奪うなど、27日に迫った沼津との開幕戦(愛鷹多目的競技場)に向けて状態は上がってきた。
 藤枝のエースが本番モードに切り替えた。最近の練習試合ではゴールを奪えなかったが、「今日は得点が欲しかった」と森島は積極的に狙い、1本目21分にCKのこぼれ球を右足で流し込んだ。「開幕日が決まってからは気持ちが違う。(27日に)無事始まってほしい」と試合への意欲は高まるばかりだ。
 2本目25分には左からのパスにFW岩渕が抜け出し、逆転した。甲府...    
<記事全文を読む>