J2栃木SCは18日までに、リーグ再開後に観客を入れるホーム戦の来場者数を7月中はシーズンパスポート(年間パス)保有者らに限定し、8月以降は最大5800人とする方針を発表した。7月15日の大宮戦から適用する予定で、同5日の東京V戦は無観客での開催となる。当面は一般チケットは販売しない。

 Jリーグが定める「新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」に基づき決めた。Jリーグは7月10日以降の観客動員を認め、各会場の収容人数の上限を7月中は「5千人または収容人数の50%の少ない方」、8月1日以降は「収容人数の50%以下」などと段階的に緩和するとしていた。

 栃木SC...    
<記事全文を読む>