Jリーグは15日、新型コロナウイルスで中断していた各公式戦の再開後の日程を発表し、7月4日に一斉再開するJ1では、昨季覇者の横浜Mが敵地で浦和と対戦する。J2は6月27日が再開初戦で、FC琉球は第2節2日目の28日、アビスパ福岡とタピック県総ひやごんスタジアムで今季最初のホーム戦を行う。

 そのほかJ2は、大久保が加入した東京Vと町田の東京勢が顔を合わせ、同日に開幕を迎えるJ3で初参戦の今治は敵地で岐阜に挑む。再開直後は無観客で、7月10日以降に段階的に観客を入れる見通し。

 7月中は移動による感染リスクを避けるため近隣クラブが...    
<記事全文を読む>