J1神戸のフィンク監督が8日、いぶきの森球技場(神戸市西区)での非公開練習後にオンライン取材を受け、「よりトレーニング強度を上げ、(本拠地の)ノエビアスタジアム神戸でもテストマッチをやりたい」と7月4日のリーグ再開に向けたステップを示した。

 グループ別練習から全体練習に移行して2週目に入った。「体が出来上がらないと他のことはできない」(フィンク監督)とフィジカル強化に重点を置きつつ、早ければ今週末にも練習試合を組み、実戦感覚を取り戻していく考えだ。

 J1名古屋では2人の新型コロナウイルス感染が確認されたが、「神戸は『これ以上何ができるんだ』というレベルで気を...    
<記事全文を読む>