J1神戸のFW小川慶治朗が9日、いぶきの森球技場(神戸市西区)で行われた非公開の全体練習後にオンライン取材を受け、「うずうずしている」と7月4日のリーグ再開を心待ちにした。

 今季、クラブ初となるアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)初戦でハットトリックを達成した27歳。「いい流れで来ていたのはあるけど、この期間でプレーのイメージがさらに膨らんだ」と至って前向きに語る。

 活動休止中、ゴール集の映像を数多く見返したという。実感したのは「ストライカーはワンテンポずらすだけでゴールを決め続けている」ということ。改めてゴール前の落ち着きを課題に据え、「ゴールの感覚は上...    
<記事全文を読む>