青森県野辺地町出身でサッカー日本代表の柴崎岳選手(青森山田出)が、新型コロナウイルス対策への支援と子どもたちを元気づける目的で、県内の小学生サッカーチームにマスクやリストバンド、メッセージレターを千セット寄贈した。8日、県内90チームを代表して八戸市の「長者バーモス」の選手たちが、県サッカー協会の大南博義専務理事からプレゼントを受け取り「岳選手ありがとう」と感謝していた。

...    
<記事全文を読む>