「レッツゴー 俺たちの 上田康太」「赤嶺ゴール 赤嶺ゴール」―。J2ファジアーノ岡山の盛り上げ隊長が、選手一人一人の応援歌を熱唱する。インスタグラム(会員制交流サイト)を通じてチームメートへ元気を届け続けているのはGKの椎名一馬。「みんな頑張れよ!」との思いを込めた動画配信は、新型コロナウイルス感染拡大による活動休止期間中の5月上旬にスタートし、ほぼ毎日追加している。

 ファジアーノ一筋12年目の33歳。自身は、実は故障で戦列を離れている身だ。右膝の大けがで4月に手術し、全治は6カ月に及ぶ。そんな状況にあっても熱い男に変わりはない。政田サッカー場(岡山市)での練習...    
<記事全文を読む>