サッカー女子プレナスなでしこリーグ1部のINAC神戸は4日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、神戸市の公共交通機関や学校に殺菌成分入りの美容液を寄贈した。

 DF守屋都弥(みやび)は市営地下鉄海岸線の御崎車両基地(同市兵庫区)を訪れ、市交通局の関係者に1000本を手渡した。緊急事態宣言解除に伴い、通勤、通学客が増える中、INAC神戸は地下鉄の車掌や、バスの運転手らを念頭に「withコロナの最前線で働く傍ら、定期的に手を洗うことが難しい仕事に就かれている皆さまの手助けになることを願っております」とコメントを寄せた。

 また、再開した学校生活での感染予防に役立て...    
<記事全文を読む>