佐賀県の山口祥義知事は4日、6月定例県議会に提出する29億1781万円の2020年度一般会計補正予算案を発表した。うち、新型コロナウイルス対策には17億6945万円を充てる。プロスポーツチームや農業、観光など幅広い分野の支援を盛り込んだ。補正後の一般会計総額は5549億3380万円となり、最終予算ベースで過去最高額になった。

 山口知事は臨時記者会見で予算編成の狙いに関し「幅広い分野を支援しているが、当事者の厳しさに比べれば大した額ではない。それでも前に進めるような予算を心掛けた」と述べた。

 コロナ対策は24事業。サッカー・J1サガン鳥栖に1億円、バレーボール...    
<記事全文を読む>