新型コロナウイルス感染拡大防止のためチーム活動を休止していたサッカーJ3のAC長野パルセイロは1日、中野市内でチーム練習を再開した。27日の今季開幕に向け、選手たちはボールの感触を確かめながら熱心に調整した。
 52日ぶりとなるチーム練習には28人全員が参加。1時間40分の練習では、5対2のボール回しや動きながらのパス交換などを行った。主将の阿部は練習後、「みんなが元気に集まれてほっとした」と笑顔を見せた。
 この日はなでしこリーグ2部のレディースチームも上水内郡飯綱町内で54日ぶりとなるチーム練習を行い、24選手が参加した。
 両チームとも当面は一般非公...    
<記事全文を読む>