サッカーJリーグ1部(J1)北海道コンサドーレ札幌のMF荒野拓馬(27)らが1日、新型コロナウイルスの影響を受ける道内の農家らを支援する目的で4月に開設した通販サイト「フード レスキュー ヒーロー」の対象を、全国の生産者に広げると発表した。

 農水産物や加工品を割安で販売し、サイトの運営経費を除き生産者側に売り上げを渡す。1カ月間で生産者ら8件が登録し、1100件以上の取引があった。

 今回は元札幌でJ2琉球のMF上里一将(34)ら道外のJリーガーが賛同し、全国の余剰在庫の解消に取り組むほか、災害時の支援など活動の幅を広げる。サイトの名称も「レスキュー ヒーロー...    
<記事全文を読む>