新型コロナウイルス感染防止対策として、グループ別の練習を続けていたJ1神戸は6月1日、全体練習に移行する。J1リーグの再開が7月4日に決まり、調整の強度を上げていく。

 神戸は5月25日、約2カ月ぶりに非公開で練習を再開。感染予防としてイレブンを4班に分け、練習拠点「いぶきの森球技場」(神戸市西区)にあるクラブハウスの利用も原則禁止とした。

 クラブによると、引き続き全体練習を非公開とし、練習前の選手、スタッフの検温を継続。クラブハウス内のロッカーやシャワールームを開放するが、人数制限を行うなどの対策を続けるという。(有島弘記)

...    
<記事全文を読む>