野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は30日、栃木市大平町のエイジェックさくら球場で茨城と対戦し、2-2で引き分けた。通算成績は2勝1敗1分。

 栃木GBは先発の若松駿太が走者を出しながらも粘りのピッチングで五回無失点と好投。打線は六回に若松聖覇の右前適時打などで2点を奪ったが、六回から2番手で登板した山田綾人が2点リードの九回に4連続安打を浴びて同点に追い付かれた。

 栃木GBの次戦は7月1日午後1時から、ホームで茨城と対戦する。

...    
<記事全文を読む>