激化する三塁争い―。シーズン前から三塁の競争は注目されていた。現在は横尾と野村で争っている状況だが、ビヤヌエバの復帰も近そうだ。5月27日に虫垂炎による手術を行い、戦列を離れていたが、経過も順調。きょう30日の2軍西武戦(鎌ケ谷)に出場する見込みとなっている。

 栗山監督は今季から加入した助っ人砲について「ビヤの良さは打つよりも守れることでしょ。守れなきゃ話になんない」と守備に就くことを厳命。さらに「どうやったら1軍の試合でスタメンで普通に出られるんですか、ということをこっちは求めている」と優遇はせず、競争を促すつもりだ。

 打線が低迷する中で、長打を打てる存在...    
<記事全文を読む>