栗山監督が29日、北広島市の新球場の建設工事現場を訪れ、作業員ら約300人を激励した。

 新球場予定地では、8月末までをめどに造成工事が行われている。工事状況の説明を受け、視察を行った栗山監督は「(コロナ禍などで)大変な状況の中で、いつもありがとうございます。われわれも新球場へ向けて戦っていきます。素晴らしい球場をつくってください」などとフィールド予定エリアであいさつしたという。

...    
<記事全文を読む>