本拠地開幕3カードを6勝3敗とスタートダッシュに成功した横浜DeNAベイスターズ。30日からの巨人戦(東京ドーム)を皮切りに、5カード連続でビジターでの戦いが待っている。

 現在首位に立つ巨人とは昨季11勝14敗と負け越した。今季は開幕から打撃が好調でリーグトップの54得点。全9試合で4番の岡本が打率4割7分2厘、4本塁打、10打点とけん引するほか、昨季の横浜DeNA戦で3割8分9厘の坂本がキーマンとなる。30日に先発する浜口が流れを手繰り寄せ、今季初先発となる左腕桜井、右腕大貫につなぎたい。

 7月3日からのヤクルトとは昨季15勝10敗と大きく勝ち越した。3日...    
<記事全文を読む>