◆西武-ソフトバンク(28日、メットライフドーム)

 2試合ぶりにスタメン復帰した栗山が反撃ののろしを上げるタイムリーを放った。3点を追う2回無死一、二塁。二保から左前適時打を放った。

 「打ったのはツーシーム。いい流れの中で打席が回ってきたので、自分もしっかりその流れに乗ることができて良かったです」とコメントした。疲労を考慮し、27日の同カードは欠場していた。

 西武は25、26日と連続で劇的な逆転勝利を収めており、この日もベテランが反撃開始を告げた。

...    
<記事全文を読む>