28日のソフトバンク戦に先発する与座が、同じ沖縄尚学高出身の大先輩から刺激を受けてプロ初勝利を目指す。

 今カード中の25日にソフトバンク東浜とあいさつを交わして、26日には西武戦に先発した東浜の投球をじっくり確認。「丁寧な投球というか、自分の特徴を生かしたピッチングはさすがという印象だった」。自身は右肘の手術を受けて育成契約となり、リハビリを経て支配下登録に復活し、開幕ローテーションに名を連ねるまでにはいあがった。

 東浜も右肘手術から復帰したばかりで「手術をしてから開幕投手になっている尊敬できる先輩なので、あらためてすごいと思う。自分も次の試合で、一人ずつ丁...    
<記事全文を読む>