今季初勝利が遠い。開幕投手を務めた有原が、今季2度目の登板に臨み、6回100球投げ、7奪三振も10安打5失点。楽天先発・則本昂とのエース対決で投げ負けた。

 「走者を背負って投げる場面が多く、リズムになかなか乗れない投球になってしまった結果、大量失点してしまい、チームに迷惑をかけてしまいました」

■毎回走者背負う

 毎回走者を出す苦しい展開。マウンド上の有原は額から流れる汗を何度もぬぐった。一回、先頭の茂木に二塁打を浴びると、続く鈴木大の一塁内野安打に失策が絡んで先制点を献上。同点に追いついてもらった二回には、先頭・ロメロに勝ち越しの中越えソロを被弾...    
<記事全文を読む>