ブルペンで投手が1球を投じる度に、「パシーン」とミットを捕らえる小気味よい音が響く。19日にメットライフドームで行われたプロ野球開幕戦、西武―日本ハムの試合。CS番組で実況したフリーアナウンサーの谷口広明さん(48)には、そのささいな音が新鮮だった。
 「(新型コロナウイルスの影響で)無観客だからこそ聞こえる音。ブルペンでもテンションを上げて準備してるんだなと伝わってきた」。練習試合は何度か実況してきたが「公式戦は緊張感が違う。自分も引き込まれた」と声を弾ませた。
 ラグビーや野球、自転車などを担当し、この道20年。ほぼ毎日あった実況は一時、月2回程度にまで減った。...    
<記事全文を読む>