ルートインBCリーグの信濃グランセローズは、24〜29日の6日間で5試合を戦う。開幕3連勝が懸かる24日は、地区チャンピオンシップ進出を争う同じ中地区の群馬と今季初対戦。白星を挙げ、勢いを加速させたい。

 信濃は開幕戦とホーム開幕戦の2試合とも投打がかみ合った。投手陣は安定感があり、20日の開幕戦は2失点、21日のホーム開幕戦は3投手の継投で零封した。打線は1試合平均7・5安打、5・5得点で、要所で得点を奪ったり畳み掛けたりするそつのなさが光る。

 26、27日も対戦する群馬は打撃力のある選手がそろい、柳沢監督は「(四球などで)無駄な点を与え...    
<記事全文を読む>