プロ野球東北楽天を運営する楽天野球団は23日、仙台市宮城野区の楽天生命パーク宮城で行われた日本ハムとの本拠地開幕戦に合わせ、ファンにリモートで応援に参加してもらうイベントを実施した。新型コロナウイルスの影響で球場内での観戦ができない中、ファンはビデオ会議アプリを使用した配信を通じ、選手らに熱い声援を送った。
 楽天野球団は球場内のスタジオで撮影する球団公式パフォーマーの応援歌やトークショーなどを配信。ファンはパソコンやスマートフォンなどで楽しみながら、試合を見守った。
 攻撃時は公式チアリーダー「東北ゴールデンエンジェルス」らも配信に登場した。パフォーマーの「ファイ...    
<記事全文を読む>