見事に大役を果たした。東北楽天先発の2年目弓削が、ホーム開幕戦で七回途中3安打無失点で今季初勝利を飾った。「不安な部分もあったが、ほっとしている」。無観客の球場のお立ち台で、満面の笑みがこぼれた。
 緩急を生かした投球が抜群だった。この日は特にカーブの制球が良く、110キロ台の球を相手打者の内外角に厳しく決めて、130キロ台後半の直球を振り遅れさせた。
 80球を超えた七回は疲労から、先頭の中田に初めて四球を与えた。窮地を招きかねない場面で頼ったのが、やはりカーブだった。続く渡辺、王柏融から決め球として連続で空振り三振に仕留め、マウンドを救援陣に託した。
...    
<記事全文を読む>