【北広島】北広島市は23日、2023年に市内で開業するプロ野球北海道日本ハムの新球場などのボールパーク(BP)について、球団側が23~26年に整備する南東地区の配置計画を示した。豪華なキャンプを行うグランピングや球団の旗艦店に位置付けるグッズ販売店などが盛り込まれた。

 同日の市議会ボールパーク調査特別委員会で市が明らかにした。BPを保有・運営する「ファイターズスポーツ&エンターテイメント」(札幌)が新球場の外野席側と北広島高校に接する南東地区を協力企業と整備する。今までの構想などで示した案をまとめた。

...    
<記事全文を読む>