今夏の全国高校野球選手権大会中止は現役球児のみならず、あらゆる世代の野球人の胸に大きな衝撃とともに刻まれた。練習を再開し、秋の明治神宮大会を目指す神奈川大学野球1部リーグの強豪・桐蔭横浜大ナインもそう。未曽有の事態は原点に思いを巡らせる機会にもなり、残されたシーズンに力を尽くす。

 「甲子園の中止を人ごとにせず、自分に置き換えたときの気持ちを聞かせてほしい」。

...    
<記事全文を読む>