千葉ロッテは23~28日にZOZOマリンスタジアムで開催するオリックス戦で、ヤマハ株式会社が開発したリモート応援システム「Remote Cheerer powered by SoundUD」を試験的に導入する。

 同システムは12日から発売の「リモート応援チケット」の特典として採用。購入者は特定のサイトにアクセスして「歓声」「拍手」「激励」「大歓声」の4種類のボタンをタップすることで、拍手や歓声がZOZOマリン右翼席に設置される3台のスピーカーから流される。

 同システムはJ2磐田が13日に行ったトレーニングマッチで利用され、プロ野球ではロッテが初。

...    
<記事全文を読む>