東北楽天は22日、仙台市の楽天生命パーク宮城で23日の本拠地開幕戦に向けて先発陣が練習した。日本ハムとの6連戦の初戦に先発登板予定の弓削は「東北のファンの期待に応えられるよう、しっかり自分の投球をしたい」と意気込んだ。
 練習には24日以降の登板が見込まれる涌井や塩見らも参加。ランニングやキャッチボールで調整した。弓削は捕手を立たせたままマウンドで15球ほど投げ、本拠地マウンドの感触を確かめた。
 今季初登板を前に「緊張している。まずは勝つことが最重要。しっかりストライクを取って、リズム良く投げることを意識したい」と語った。
 対戦相手の日本ハムとは相性が...    
<記事全文を読む>