今季初安打をいきなり左翼席最上段の看板広告に直撃させた。3年連続の本塁打王を狙う横浜DeNA・ソトは20日、来日後最速となる開幕2戦目で第1号をマーク。「チョースゴイ」と片言の日本語でおどけてみせた。

 五回2死一塁、カウント2ボールから「しっかり前で捉えることができた」と135キロのスライダーを豪快に振り抜く。打った瞬間、それと分かる特大の一発。バットを放り投げ、悠々とダイヤモンドを回った。

 春先に右手首のけがで出遅れたが、開幕延期が幸いして回復。6月の練習試合でも3本塁打を放つなど状態は上向きだった。リーグ史上3人目の快挙が懸かる打棒に...    
<記事全文を読む>