チームの活動休止が決まった瞬間、頭の中が真っ白になった。宿舎のベッドに倒れ込み、2日ほど動けなかった。26歳。球界への最後の挑戦の場として、会社を辞めて高知ファイティングドッグス(FD)に飛び込んだ。それなのに―。選択を後悔した時もあった。それでも「シーズンがなくなった訳じゃない」と切り替えた。平間凜太郎投手。3カ月遅れで20日に始まるリーグに向け、オールドルーキーは「開幕を待ちわびた。圧倒する球で勝ちに貢献したい」と意気込んでいる。

 
 
 東京都出身。野球好きの両親の影響で5歳の時に野球を始めた。「世田谷リトルシニア」時代にはシニアリーグの日本代表にも選ばれた。...    
<記事全文を読む>