◆西武3-0日本ハム(19日・メットライフドーム)

 山川が“汚い”決勝打を放った。4回、1番で起用された新外国人スパンジェンバーグが中前に今季チーム初安打を運んだのを皮切りに無死満塁の先制機をつくる。ここで山川のボテボテの当たりは幸運な三塁内野安打となった。「とにかく無観客とはいえ、開幕戦は緊張するんだなと思った。(適時打は)ホッとしたし、監督が『汚いヒットを打っておけ』と言っていたけど、まさかそういう形になるとは思わなかった。とりあえず1本出たので、また明日切り替えていきたい」と笑みを浮かべた。

...    
<記事全文を読む>