サプライズ起用だった。1軍未出場の野村が「8番・三塁」で先発メンバーに名を連ねた。10代野手の開幕スタメンデビューとなるのは、2013年の大谷(エンゼルス)以来の快挙だ。

 いきなり守備機会が訪れた。一回、西武の1番・スパンジェンバーグの放ったゴロは三塁へ飛んだ。野村は慌てることなく、きっちりと処理。「最初に来てくれたおかげで、少しリラックスできた」とすんなりと試合に入っていった。

 そのまま浮足立つことなく、代打を送られる七回までプレー。「初めての1軍ですし、開幕戦出させてもらって、すごい自分の中でいい経験をできました。次につなげていけたらいい」と特別な一日を...    
<記事全文を読む>