3年目で初めて1軍スタートを切る清宮は「特に意識することなく、いつも通りにいいプレーをするだけ」と話した。

 1、2年目はいずれもけがなどで開幕に間に合わなかった。今季も昨年10月に手術した右肘の影響で本来の開幕は危ぶまれたが、延期が長引いて状態は万全に。練習試合では本塁打も放ってアピールした。

 持ち味の長打力を期待されるが、「ひたすら遠くに飛ばせば良いわけではない。いろんなことに取り組んでいかないと」と清宮。そのために、けがなくシーズンを終えることを最低限の目標とした。(成川謙)

...    
<記事全文を読む>