新型コロナウイルスの影響で約3カ月遅れて19日に開幕するプロ野球。練習試合で好投し、開幕ローテーション入りを確実にした西武の今井達也(いまいたつや)(作新学院高出)、オリックスの田嶋大樹(たじまだいき)(佐野日大高出)の両投手は今季を「勝負の1年」と位置付け、飛躍を誓っている。

西武4年目・今井 フォーム改良し結果

 開幕前の練習試合で好投を続け、昨季に続く開幕ローテーション入りが濃厚な西武の今井。4年目のシーズン開幕を前に「絶対2桁勝利する」と意気込む。

オリックス3年目・田嶋 直球の質 格段に向上

 先発ローテーションの2番手を担うと予想されるオリックスの田嶋。...    
<記事全文を読む>