昨季パ・リーグ最優秀選手(MVP)の西武の森友哉捕手(24)が「守り勝つ野球」を今季の目標に掲げた。昨季のチーム防御率はリーグワーストの4・35。選手会長は「バッテリーで勝ちたい。防御率を3点台に抑えたい」と誓った。

 日本ハムとの開幕3連戦の後は、同じ相手との6連戦が9週も続く。捕手として未知の戦い。リード面の影響を問われ「嫌でしかないですね。6連戦となると(配球に)何をどう生かしていいか分からない。本当にやってみないと分からない」と心境を明かした。

 それでも6月の練習試合を通して、投手陣に手応えを感じられた。春先は調子の上がらなかった今井が好投。森は「現段...    
<記事全文を読む>